2021年07月18日

オミナエシが咲き始めました。

DSCF7634.JPG
秋の七草の一つですが段々早く咲き始めています。
万葉集にも「手にとれば 袖さへ匂う 女郎花 この白露に散らまく惜しも」
と詠われています。作者不詳
その他、大伴家持、源実朝、松尾芭蕉なども女郎花の歌を詠んでいます。
花言葉は「約束を守る」です。
因みに咲いている場所は自宅の溢れている蜜蜂の前です。近くに自宅の
墓があり切りたてをお供えできます。
posted by 大坂雅春 at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: