2022年10月29日

干し柿作っています

DSCF8444.JPG
山カフェ前の日当たりが良く風通しの良い所です。
DSCF8443.JPG
間もなく乾いたら山カフェでコーヒーのお供にお出しします。
現在は、熟柿をお出ししています。初めて食べる人が多いのですが、
結構好評です。
干し柿は常連さんが、買わせて欲しいと今日も来られました。
一個100円でお分けしています。

今日も広島からのお客さんに、ゆめタウン(いずみ)創業者、山西様が
戦時中、潜水空母に乗り込んでいた時の戦友の実家から戦後
干し柿を仕入、広島駅の周辺で戸板に干し柿を並べて売り始めて
いずみ=ゆめタウンと発展したことをお話しました。
今でもいずみには必ず干し柿が販売されていると紹介しました。
ゆめタウンには今美術館等作られ発展していることを教えて頂きました
創業時の苦労を忘れずにいることが大事ですね。
posted by 大坂雅春 at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする