2019年12月30日

大王松の大きな、松ぼっくりを頂きました。

DSCF7025.JPG
先日、笹百合の種子譲ります、と交換広場に掲載していただいたところ、50名
近い人が取りに来られました、その中の一人が展望喫茶に展示してある
松ぼっくりを、私が大王松の松ぼっくりと説明しているのを聞いて、これは
大王松ではない自宅に大王松があるので持ってきてあげると、持ってきていただきました
18cm程度の大きさです。中央は従来私が大王松と言っていたもので、本当は
テーダ松のようです、両方とも松葉は3本出ています、松葉の長さも30cmぐらいあり
通常の3倍以上です。左側は日本の黒松の松ぼっくりです。
DSCF7022.JPG
posted by 大坂雅春 at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

除夜の鐘、松明行列、日登からの初日の出遥拝。大きく取り上げていただきました。

DSCF7024.JPG
今日の山陰中央新報、情報ボックス欄です。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。
尚、31日の宿泊はバンガローは2棟とも満室ですが、本館の和室であれば
泊まれます。
ご予約はTEL0854-45-5800まで
今日の天気予報では元旦の初日の出は期待できそうです。
DSCF4782.JPG
posted by 大坂雅春 at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

長野のラジオ「メイドイン山陰」の取材を受けました。

DSCF7014.JPG
喜んで頂幸いです。
嫁に来るって本当ですか、出雲人は単純で素直だから期待します。
古代出雲の成り立ちから、長野諏訪大社の主祭神『武御名方」が出雲の神様で
あること、古事記、日本書紀によれば負けて諏訪まで逃げて降参した弱い神様
と書かれていますが、本当は大国主命と古志の国お姫様ヌナカワ姫との間で
生まれて、母の里、越の国へ帰り、越から信濃諏訪地方の発展に貢献した神様
であるから今でも盛大なお祭りがされていること、又戦国時代の三刀谷城主は
承久の乱の功により諏訪から来た武将であること、スペインサグラダファミリア
の主任彫刻家「外尾悦郎」さんも若いころ峯寺に長い間泊まっておられこの
景色が今日の外尾さんの感性を豊かにしたのでは、などを得々とお話し
しました。どうか長野の皆様聴いてください。そして、島根、峯寺に来てください
お待ちしています。又長野にお知り合いがおられる方は連絡してあげてください
DSCF7012.JPG
posted by 大坂雅春 at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする